お肌に必要な水分量とは?

皮膚に含まれる水分量について、角質に20〜30%の水分が
含まれているのが健康である目安とされています。

 

しかしながら、人によって原因は異なりますが、水分量は得てして
減ってしまいがちです。

 

原因は大きく分けると外的要因と内的要因に分けることができます。

 

◆外的要因

 

周囲の湿度が低下することによって、お肌の水分が蒸発してしまう状態のことを言います。

 

目安として、湿度が50%を下回ると水分量が急激に減ってしまうことになりますので、
注意が必要です。

 

湿度というと、特に冬に下がるように思いがちですが、実は夏でも
エアコンを効かせているとお肌がカラカラになってします。

 

◆内的要因

 

これは、保水する成分が減ってしまうという、お肌自身の変化によるものです。

 

この現象は、加齢であったり、顔の洗いすぎによって起こります。

 

お肌が乾燥すると、ターンオーバーの遅れにつながります。

 

これにより、小じわの増加や毛穴の開きが引き起こされてしまうのです。

 

さらに言えば、乾燥はシミの増加にも影響します。

 

ターンオーバーにより古い角質がはがれるのですが、このはがれる際にシミの原因も
一緒に剥がれ落ちることになります。

 

しかし、ターンオーバーが遅れてしまうとシミの原因が皮膚に残ってしまうようになってしまうのです。

 

そのようにして皮膚にシミの原因が蓄積されるようになり、シミが濃く大きく成長してしまいます。

 

さらには、お肌の乾燥によって、紫外線の影響も受けやすくなります。

 

紫外線の影響によりシミの原因が発生するので、そもそもの発生源となります。

 

上に述べてきたとおり、シミを早く薄くするにはお肌の水分量が保たれていることが肝要です。

 

理想としては、40〜50%です。ぜひとも理想の水分量を目指してがんばってください。

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ